コラム

『番外編:新型コロナとデマとSNS』 株式会社ウィンズ


-新型コロナウィルスの感染者への誹謗中傷が大きな社会問題になっています。-
“コロナ”、“誹謗中傷”とググると自治体ホームページや首長コメント等がずらっ
とヒットします。パッと見ただけでも、多くの自治体ホームページに「新型コロナウ
ィルス感染症に関する人権への配慮について…」というページがあることが分かりま
す。それだけ、全国各地でこの問題が深刻なものになっています。
昨今の感染経路不明の感染者が増えている状況において、新型コロナウィルスは誰も
が感染する可能性があり、当然のことですが誰もが罹りたくて罹るものでなく、明日
は我が身の脅威です。感染が脅威だからこそ、その脅威の対象をあぶり出し、攻撃し、
遠ざけようとしているのでしょう。近所で感染者が出た、となったら躍起になって詮
索し、特定し、個人攻撃が開始されます。今の世の中、情報の真偽、善悪を別にして、
SNSを媒体に瞬時に情報は拡散します。そこでは数の原理によって“偽”が“真”にな
ることさえあります。最近でも“偽”情報、いわゆるデマの拡散によって自殺に追い
込まれた有名人もいます。コロナに感染したことが周辺住民に知られ、ネット上での
相次ぐ誹謗中傷、住所や顔写真まで公開されてしまい、引越しを余儀なくされた人も
います。
一般的にこれらのデマには個人情報も含まれています。デマと一緒に本人の知りえな
いところで個人情報も拡散してしまいます。しかしながら、現在、ネットのデマその
ものを取り締まる法律は日本にはないようです。ただ、デマによっては刑事罰の対象
になる可能性があるかもしれないこと、具体的な損害が生じた場合には名誉毀損罪や
偽計業務妨害罪で民事上の損害賠償の対象となる可能性があるようです。ただ、ちょ
っと頼りないですよね。デマは噂となって瞬時に拡散します。そのデマが“偽”情報
であった場合には、それを打ち消すための労力や風評被害は計り知れません。こんな
ときこそ本人の権利、利益を保護するための個人情報保護法に頑張ってもらいたいと
ころですが。。。
デマの拡散はあってはならないことですが、自分がデマの拡散に一役かってしまうこ
ともあります。SNSの手軽さゆえに、その情報の真偽を確認せずにリツイート等してし
まえば、本人の自覚はなくても共犯者の仲間入りです。SNSによる情報の拡散は、9割
の人が善意や正義感から行っていると言われています。その情報が“偽”であった場
合には、計り知れない影響(苦しみ)を受ける人がいるかもしれないということを認
識し、いま慎重な対応が求められてると思います。

落とした財布が返ってくる、サポーターが試合終了後の掃除をする等々、外国の人た
ちには考えられないような素晴らしい気質を日本人は持っています。“おもてなしの
国”としも、これからも良識のある行動をとっていきたいものであります。

ご案内

株式会社ウィンズ

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビル3F

各セミナーに関するお問合せはそれぞれの主催者に直接お問合せください。